top of page

横浜馬車道絵画展 ワタシニモイイタイコトガアル


ワタシニモ イイタイコトガアル





2011年原発被災地で放射能汚染された藁(わら)を食べる牛


昨年の3.11以降、福島の原発事故の被災地に取り残された数万頭の牛や豚や山羊や犬や猫などの多くは、餓死したそうです。引き取られた牛などもその肉は高度に放射能汚染されており、おそらくすべて処分されたのでしょう。そうした中で、最後まで人間を信じて牛舎の中で待っていた牛たちは、放射能汚染された藁を食べながらも”人間の明日”を悲しげに見つめながら、なにかを言おうとしていたのでした。



(c) Kazuko Tajima 2012

Comentarios


bottom of page